新築やリフォームをコストダウンする裏技を大公開!
新築・リフォームを安くする裏技とは?

システムキッチンやユニットバスを自分で選んで、自分で注文する。
選択の自由度が広がり、コストダウンにつながる!
新築・リフォームの新しい手法・・・
それが【施主支給】

詳しく見る

【施主支給】パナソニック「20歳のリフォームキャンペーン」築20年前後は住まいを見直す適齢期です!

JUGEMテーマ:住宅

20歳のリフォームキャンペーン

「20歳のリフォーム」
わが家も、もう20歳。
きれいになりたい年頃です。

「20歳のリフォームキャンペーン」 築20年前後は、住まい全体を見なおす適齢期です。
築20年は、キッチンやバスルーム、トイレなど
水まわりを中心に、設備機器本体の取り替えが必要な時期。
さらに家族構成やくらし方、嗜好の変化に伴い、
住まい全体を見なおすリフォームの適齢期です。

今回ご紹介するのは、なぜ”20歳の住まい”はリフォーム適齢期なのか?
をパナソニック公式HPから詳しくご説明したいと思います。

理由1:住まいの変化
築20年は、水まわりを中心に住まいを見直す時期だからです。

住まいの変化

≪これからの20年に向けて≫
今、住まいをきちんと見直して手を入れることで、これから先の10年、20年を安心して過ごせます!

 

理由2:家族の変化
20年前の新築時と今と。家族の暮らし方も変化しているからです。

家族の変化

お子さまはまだ小さく、家族一緒に過ごすことがほとんどでした。お子さまが成長し、個室が必要に。塾通いで帰りが遅くなることも増え、家族の生活時間がまちまちに。上のお子さま独立し、家族3人の暮らしに。ご主人が定年後の暮らしをそろそろ考え始めないと・・・。


≪これからの20年に向けて≫

夫婦2人で過ごす時間が増えます。「どんな暮らしをしたいのか」を考えて、住まいのカタチをわが家らしく!

 

理由3:設備の変化
この20年で、住宅設備はさらに便利に
エコに進化しているからです。
設備の変化

明日はこの20年でぐーんと進化した、「システムキッチン」「ユニットバス」「トイレ」「洗面化粧台」を詳しくご紹介

します!
 
タイトルとURLをコピーしました